令和6年度函南町水防訓練

2024年6月30日(日)

この日は、函南町の肥田簡易グランドで『令和6年度函南町水防訓練』が開かれました。

訓練では、土嚢拵え・改良積み土嚢工法・消防署による水害時の対応講習・模擬火災中継訓練が行われ、土嚢拵えは実際に私も参加しましたが、古巣の消防団の現役団員に負けないように頑張りました。

異常気象によって激甚化し、つい最近の大雨でも函南町では被害に遭ったご家庭や会社もあります。

団長や消防署長とも話をしましたが、災害対応の経験豊かな皆さんでも想像がつかないスピードで増水するという事でした。

減災・防災について今一度見直しをして大きな被害が出る前に速やかに対策を講じなければならないと感じました。

明日以降に県からもアドバイスをいただき、これまで町内では経験の無い新たな取り組みを探し、今より少しでも町民の安全安心を担保できる情報の橋渡しに注力したいです。

しかし、減災・防災の基本は『自助』で、この日のような防災訓練には県民・町民の皆様は積極的に参加していただき、ご自身や大切な人のためにも知識と経験を積み上げていただきたいです。

貴重な経験をさせていただきましたが、この日までの準備や防災訓練を指導、披露してくださった消防団員の皆様、消防職員の皆様、今年度より新設された「地域安全課」を中心とした役場職員の皆様、本当にありがとうございました。