6月定例会(2日目)

2024年06年24日(月)

この日は、静岡県議会6月定例会2日目で一般質問が行われました。

相坂摂治 議員(静岡市駿河区)の一般質問

1.知事の政治姿勢について

(1)知事が目指す県政のビジョン

(2)知事選結果の受け止め

2.今後の県庁組織と人事について

(1)県庁組織の改編

(2)副知事人事と東部・伊豆担当戦略監などの地域戦略人事

3.県内の重要政策について

(1)伊豆半島の防災

(2)東部地域への新産業の集積

(3)中部地域のハブ機能の強化

(4)西部地域のものづくり産業の再興

4.行財政改革と未来への投資について

5.リニア中央新幹線の推進について

6.遠州灘海浜公園(篠原地区)の整備に関する知事の方針について

7.県内の医療体制について

8.災害発生時における危機管理の意識について

9.今後の観光振興の方針について

10.農林水産業の特産品のトップセールスについて

11.年齢や障害の垣根を越えた共生社会の実現について

12.今後の教育の在り方について

(1)実効性のある教育施策の構築

(2)今後の高等教育振興の方針

13.警察本部長着任における所信について

新知事の答弁で「新知事らしさ」は余り無かったように感じましたが、新知事の答弁の中で『これまで一貫して大切にしているのは経営感覚。積極的に民間活力を活用していくと共に新たな施策を展開するためビルド&スクラップにより課題解決に直結する事業着手への転換や事業の減量効率化など事業の見直しを進めていく』という言葉がありました。

県議となるまで議員経験の無い私としては、新知事のこの考えとこれからの行動には注目し、参考とさせていただくことがあることを期待します。