畑毛区・仁田区草刈り

2024年6月月16日

この日は、函南町の畑毛区と仁田区で堤防の草刈りが行われました。

時期的にも区で実施する堤防草刈りの日程が重なり、ダブルヘッダーでした。

―畑毛区―

畑毛温泉のすぐ西を流れる県河川の柿沢川の堤防に約410本の河津桜を植樹されており、2月中旬には例年「かんなみ桜まつり」が行われて函南町の名所となっていますが、畑毛区ではこの堤防を整備してくださっています。

畑毛区では、早朝5時台から準備もしているとのことで、駆けつけた時にはほぼ終わっていました・・・

それでも堤防の草を刈らないと分からないゴミの回収と分別を少しだけでもお手伝いできて良かったです。

畑毛区は今年初めてその様子を目の当たりにしましたが、区民の皆さんの参加率が驚くほど高くびっくりしました。

―仁田区―

仁田区では、県河川の来光川の堤防整備をしてくださっています。少し前に同じ来光川の堤防草刈りを大土肥区が実施してくださいましたが、その場所の下流側となります。日ごろは小学校の通学路として利用されたり、散歩コースとして多くの近隣住人に利用されたりしています。

この日は、ブロックのある場所や川際、歩道際の草だけを刈り、後日広い面積をプロの方が大きな機械を使って刈るそうです。畑区ではこの逆で既に広い面は機械を使って刈られていました。

仁田区では時間目一杯に草刈りを手伝えたので、心身ともに満足。翌日の体の節々の痛みが心配でなだけです。

畑毛区も仁田区も昨年度「リバーフレンドシップ制度」加入いただきましたが、整備する広大な範囲とそれに伴う人や用具においてまだまだ支援が足らない状況だと感じました。

『郷土愛』任せの事業ではなく、県事業に一生懸命に協力していただける個人、団体にはそれに見合った支援ができるようにしていきたいです。