令和5年度静岡県議会 日台友好議員連盟による台湾視察

2023年11月15日(水)~18日(土)

【令和5年度静岡県議会

 日台友好議員連盟による台湾視察】

11月15日から4日間に渡り、台湾視察に行ってきました。

コロナ禍の影響で4年ぶりとなる台湾視察だったそうです。

〇主なスケジュール

 15日

 羽田空港から北京松山空港へ移動

 16日

 「ふじのくに静岡県台湾事務所」訪問(北京市内)

 「台北市温泉発展協会」訪問(北投温泉)

 17日

 「日本台湾交流協会」意見交換会(北京市内)

 「新竹サイエンスパーク」視察(新竹市内)

 「国際実験研究半導体研究センター」視察(北京市内)

 18日

 「忠烈祠」査察(北京市内)

 「故宮博物院」視察(北京市内)

朝から晩まで視察づくしでゆっくりする間も無く、弾丸視察でしたが、台湾が半導体の分野で世界上位となった経緯、世界中から観光客が押し寄せる故宮博物院の素晴らしい展示品だけではなくそのサービスや集客の工夫、何より台湾からみた日本や静岡県の魅力を台湾の方たちから教えていただくことができ、国内だけを対象とするのではなく、世界を対象とした観光県を目指すことへの無限の可能性を感じました。静岡県にも世界に誇る魅力が必ずあるはず。そんな魅力あることや物を一つだけでも良いので発見し、世界的な視野をもって効果的にPRし、日本人特有の優れたサービスで対応すれば、時勢も追い風となり、静岡県に世界中から多くの観光客を集めることができると思います。全都道府県の中でも台湾に事務所を置くのは静岡県と沖縄県だけだそうです。静岡県の「ふじのくに静岡県台湾事務所」や今は休止している「静岡空港便」を今よりもっと効果的に活かせれば、それが実現する日も近いはずです。